メインメニュー
サブメニュー
不動産関連外部メニュー

リロケーションとは

リロケーションという言葉をご存知ですか?普段生活しているとなかなか耳にしない言葉で、どういう意味なのか詳しくわからない・・・という方も少なくないかもしれません。そこで、リロケーションについて少しご説明したいと思います。リロケーションは簡単にいうと、転勤などで留守状態になるマンションや持ち家を期限付きで企業や個人に貸し出すサービスのことをいいます。自分の持ち家をしばらくのあいだ無人状態にしておくのは勿体ない。何か有効活用できないか?と考えた時に、リロケーションという方法はとても有効的な活用方法ですが、個人レベルでリロケーションを行うには、安全・保証面や賃貸の金銭面で若干不安があるでしょう。現在ではリロケーション事業を専門とする企業も多くあるので、そういったところに斡旋・賃貸業務を任せる方法が考えられます。以前の借家制度では、いったん貸してしまうと正当な利用がない限り賃貸契約更新を拒否することができず、万が一転勤から戻ってきた際に明け渡してもらえる保証がないというデメリットがありました。しかし、2000年に施行された「定期借家制度」によって、賃貸契約期間が終わると更新することなく、期限内で確実に貸主に明け渡されることが規定されたので、今では安心して転勤者が空き家を賃貸できる市場となっています。制度がしっかりと整備されたこともあって、リロケーション市場は拡大傾向にあり、リロケーション専門の企業も増えています。

リロケーションとは

リロケーション利用 賃貸収入というとアパートの大家さんというイメージがありますが、アパートの大家さんはマンションやアパートといった物件を購入した上で成立するものですよね。一方で、自分の持ち家だけを活かして家賃収入が得られるのがリロケーションサービスですから、低リスクで始められて、しかも収入が入るというメリットが魅力的です。ただ、一体どうや・・・ >>詳細はこちら
不安面について 賃貸市場ではリロケーション物件は人気があります。「期限付き借家権」ということで、家賃が他の物件よりも安く設定されており、しかも既に設備が整っている状態ですのでとても入居しやすいのです。短期間賃貸物件に住みたい人にとっては、自分たちで新たに設備を揃える必要もなく、すぐに入居することができるリロケーション物件はとても最適・・・ >>詳細はこちら